くだらないけど素敵な毎日 * あすかの徒然日記
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「顔に降りかかる雨」

読んだ。読まされた。
ひさしぶりに途中でとめられない本だった

話としておもしろかったんだけど
それ以上に文章にひきこまれた本だった

もちろん設定もよかった
村野ミロも、成瀬もいいし、急にくる怖い筋の男たちも、脇役の設定もよくて
時間の経過も、事件も、みつかっていく手がかりも、繋がりも、
いっきに進んでいくところもいいし
最後まで行って入り組んだ部分がわかるところも真相も、その裏の崩壊も
全部あきさせなくって良かった

でもやっぱそれ以上に、文章力がすごかったそれに尽きる。

村野ミロシリーズ全然しらなくって
ダークだけ読んで先に読んじゃって、??だったのはもったいなかった…

桐野さんの本は
なにかしらの理解を超えた価値基準を持ったおそろしく強い本というイメージがあって
「東京島」で圧巻やったけど、こんなもんじゃないのかも

短編しか読んでなかったのはとりあえず意味がなかった
次からは長編を読もう!読み終わったらちょっとつかれるけど読もう!

book comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>